お墓を建てる場所を探したい!

親が年を取っていくにつれて、心配なのがお墓のことです。入る人にとっても、残された家族にとってもとても大切なことです。受け継がれてきたお墓に入れる人がいる一方、さまざまな事情で新たな場所に建てたいと希望する人が増えているのも現状です。そんな時、最初に探さなくてはいけないのがお墓を建てる場所です。現在、運営者が異なる寺院墓地・公営霊園・民間霊園の3形態の中から場所を選ばなくてはいけない決まりになっています。寺院墓地は、お寺が運営するものです。信仰する宗教をお持ちの方なら、まずはじめに思い浮かぶのではないでしょうか。お葬式や法事など住職に直接お願いできるなど昔ながらの地域密着型といえる一方、檀家制やお布施など少々面倒なことがあることも頭に入れておいた方がいいでしょう。公営霊園は、地方自治体など行政が運営するものです。宗教にとらわれず、栄代使用料や管理費などが安いことから大変人気があります。そのため使用者は抽選になる場合が多く、絶対に入れるという保証がありません。民間霊園は、宗教団体や行政以外の団体が運営するものです。宗教は自由で、申し込みしやすく、交通の便が良いところにあることが多く、施設が充実しているのが特徴です。そのため、年々民間霊園の人気が高まっています。一度建ててしまってからでは、場所を移すことはなかなか困難です。お参りに行く足が遠のいてしまっては何の意味もありません。後悔のないように、家族でじっくり話し合ってみましょう。

お墓はお参りしやすい場所が一番

お墓の後継者問題が世の中でも話題になっていますが、実家を離れて暮らしている人には本当に深刻な問題です。いずれは親のお墓の面倒を見なければいけないけれど、実家のある田舎まで通うのはとても大変だからです。大切な先祖と触れ合える場所となるお墓は、やはり身近な場所にあったほうがいいのは言うまでもないでしょう。しかし実際問題として、都会でお墓に適した場所を探すのは困難です。もともと土地が少ないうえ、価格も非常に高額なのでなかなか手が出せないという人も多いでしょう。そこでそのような場合は寺院や霊園に設けられている納骨堂を選択するという方法もあります。最近になって人気を集めているこのスタイルは、料金も安く、永代供養もしてもらえるのが魅力です。ひとくちに納骨堂といっても、大勢の人と一緒に収められるものから個人、家族単位で収めるスタイルのものまで様々なものが用意されていますので、予算や希望に応じた納骨堂を探すことも可能です。いずれ自分もお世話になるお墓のことは、若いうちから考えておいても全く問題ありません。自分の子ども達に迷惑をかけたくないのであれば、年を取ってからではむしろ遅いくらいです。近年は納骨堂以外にもさまざまなスタイルの埋葬方法が提案されており、都会暮らしにも適した方法もいくつか存在します。今ならインターネットを利用して数多くの情報を簡単に手に入れられますので、気軽に探し始めてみるといいでしょう。

墓の場所を選ぶ様々な基準

墓探しは、家庭や個人ごとに様々な基準が存在します。墓自体は、10万年前のネアンデルタール人がシャニダール洞窟内にムスカリやノボロギグなど8種類の花を手向け埋葬したのが始まりとされています。日本では土葬の形で埋葬され、地域によっては自然信仰に基づく聖域に遺体を葬る墓を作り、生活エリアの中にも祖先を敬う為の墓を作っていた地域や風葬から洗骨した後に埋葬する地域もあり、地域によって大きく異なります。又、時代の変遷により、埋葬方法に対する考え方や死生観が大きく変化しているので、従来の慣習に追従するだけで無く埋葬され方の意思を尊重する必要もあります。一般的な基準としては、宗旨宗派、所在地、環境、施設、価格などがあります。現在の霊園は、宗旨宗派を問わない場合が多くなっていますが、それでも寺院の敷地内に用地がある場合には受け入れ宗旨宗派が決まっているので、自分の宗旨宗派を自認しておく必要があります。所在地は、墓守の方の高齢化も考慮に入れる必要があり、公共交通機関の利便性の良い場所や車によるアクセスがスムーズな場所が良いとされています。環境は、日当たりが悪くジメジメとした所では地下にあるカロートに悪影響を及ぼすので、日当たりが良く風通しの良い場所を選びますが、近くに樹木や竹があると根による悪影響を受けるリスクがあります。又、高齢化による身体の弱体化に対応する為にあまり起伏に富んだ施設は避け、バリアフリー対応施設や休憩施設などの高齢者対応型を選ぶ必要があります。

お墓を購入する場所について

お墓の購入は一生の買い物です。更に代々続くものであるので、その場所選びには後悔のないように慎重に決めていく必要があります。今後お参りする家族や親族がいるわけです。管理も必要です。行きやすい場所で、環境面での良さ、施設の内容も重要なポイントになります。まず、立地条件として利便性、交通手段、地形環境などを考慮していきます。そして、その墓地や霊園の規則を良く調べます。宗派宗教における規則、永代供養のルール、それぞれがもうけている規則などを吟味し、自分の希望、思いと照らし合わせます。また、そこの管理、経営についても把握していきます。共用部の掃除や除草が行き届いているか、経営状況に不安はないか、経営の母体に問題はないか、移転の可能性がないかなどです。ここを良く調べておかないと後々のトラブルになってしまうことがあります。さらに、施設や設備の充実度も見るべきポイントです。駐車場の有無、バリアフリー、トイレ、休憩所などです。今後のお墓参りや法要においてとても大切なものです。そして、費用面のことも考えなくてはなりません。墓石代、管理費など最初にかかるお金、毎年かかるお金など予算内でおさまるように考えることが必要です。このように、お墓を購入する場所は、マイホームを購入するときと同じように様々な面をしっかりと調べて把握していくことが大切です。自分のみならず、子や孫たちまで続く永遠の眠りの家になるわけですから、妥協せずしっかりと考え決定することが大切なのです。

お墓を探すなら交通の便が良い場所が良いです

結婚をして子供ができて、その子供が成人する頃には自分の両親は年老いています。病気にかかりやすくなったり、腰痛や関節が痛くなったりと昔と比べて小さく見えたりしますよね。考えたくはありませんが親はいつまでも傍にいません。そこで両親の為にお墓を探している人も多いでしょう。お墓を探すのにまず一番重要なのは金額ではなく、場所です。山の中だったり、交通の便が悪かったりすると、人はなかなかお墓参りには行きません。そうなると亡くなった人がとてもかわいそうです。ですから誰もが気軽にお参りすることができる交通の便の良い場所にお墓をつくることが大切です。気軽にすぐに行ける場所なら、子どもでも遊びに行く途中でちょっとお参りしようという気軽な気持ちで行くことができますので、お盆など決まった日以外でも行く習慣が身に付きます。子どものころからお参りに行く習慣が身につくというのは、とても素晴らしいことですよね。もし自分が年老いて亡くなってしまったあとでも、子供がお参りにきてくれて、それがまた子供に受け継がれていきます。また、お参りは故人を思う気持ちが一番大切ですので、お墓をたてるのに高いお金を出す必要はありません。ある程度ご自分の希望通りにつくってもらえれば、あとは残った子供や孫たちに使ってもらうと故人も喜ぶでしょう。故人のためにも残された人たちのためにも、いつでもお参りのできる場所につくってみてはいかがでしょうか。